買取サービス体験談・口コミ情報サイト

本の買取サービスはこうやって利用する

本の買取サービスはこうやって利用する


古本を売って処分したことがある人は多いのではないでしょうか。でもその時に期待していたよりも安くてがっかりしたという経験をお持ちの方も多いはず。少しでも高く売れた方が嬉しいのは当然ですが、そのためには売り方のコツを押さえておくことが大事なのです。

1,意識したいのが早めに売ること
本の価値は基本的に時間の経過と共に下がっていくことが多く、放置していると高く売れるチャンスは減っていきます。需要がある時に売ってしまうのが高く売るための秘訣でもありますから、要らないと思った時には早めに売ってしまった方が良いのです。

2.全巻セットでの売却を心がけることです
例えばマンガ本ですと何巻も続いていますが、そういったセット本はまとめて売りに出した方が価値がつきます。バラだったり不足しているところがあると買取店からすれば売りにくい存在であり、結果的にあまり価値をつけてもらうことはできません。反対に全巻セットですと商品としても売りやすくなりますのでプラスαの価値をつけてもらうことができ、高く売れるチャンスも高くなるはずです。

また、いくつものタイトルをまとめて売ってしまうことも大切です。個別のタイトルでも問題なく売れるものの、沢山の作品があった方が買取店にも喜ばれやすいです。効率的に仕入れができるわけですからその分、色をつけて引き取ってくれることもあります。

3.キレイにして査定に出すこと

売る側としては手間のかかることでもあるのですが、でもその心がけが買取価格を左右することもあります。無論、買取店は売り物になるかどうかを基本的な基準としてみるわけですのでキレイな方が印象が良いのは間違いありません。もし外観が汚れていたりホコリをかぶっている状態ですと、中身にも汚いところがあるのではないかと勘繰られてしまいやすく、査定にも悪影響になってしまいます。査定は人が行うものであり、どのような印象を与えられるかを意識して売りに出すのが基本ですので、ぱっとみた時に状態が良いと感じさせるように工夫した方が良いでしょう。

4.買取店の比較をすることです
これは特に重要で買取店で全然価格が違ってくることがよくあります。時には倍の価格差が付くこともありますからいろいろなところで査定を受けるのがマストと言えます。査定は大抵の場合は無料で受けられ、現在では宅配で売れるサービスも広く展開されていますので、こうしたサービスも活用しつつ高く売れるところを見つけ出しましょう。
おすすめは大阪で古本買取のダイワブックサービスですね。